​サイトマップ

Copyright © 2017 デザインポケット All Rights Reserved.

食品サンプルマカロンの作り方

食品サンプルマカロンの作り方をご紹介します。

​食品サンプルの制作工程はこの作業の繰り返しとなります。例えばビーフカレーを作る場合は肉、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも等それぞれのパーツを作り、最終組み立て作業に入る為ある程度の時間がかかります。

①型用食材を用意します。

食品サンプルは実際の食材から型を取る為、型取り用の食材そのままの質感や形が残ります。型用マカロンが欠けていないか、つぶれていないかしっかり検品します。

②型枠作り

シリコンを流し込む土台を作ります。同じ形、同じ容量の食材依頼はない為、食品サンプルの型枠は全てその時々で制作します。

③シリコンを流し入れる

空気が入ると泡の部分がそのまま硬化してしまい、型が取れなくなる為、ゆっくり慎重に型取り用シリコンを流し入ます。

シリコンが固まるまで丸一日ほこりの被らない場所で放置します。

④シリコン型の掃除

硬化したシリコンを型枠から外し、シリコンの中に入っている食材を取り出し、キレイに洗浄します。

余分なシリコンを除去して、シリコン型を整えます。

⑤マカロン色作り

マカロンの色を作ります。実物や写真をを見ながら着色料をつまようじですくったり、垂らしたりしながら微妙な色加減を調整していきます。

⑥着色した樹脂を焼く

何度も色試作を重ねた後、いよいよ焼きに入ります。制作したシリコン型に着色した樹脂を流し入れ、オーブンで熱して硬化させていきます。樹脂は熱を加えると透明になる為、マカロンをマットに仕上げる事が必要です​。

⑦マカロン最終工程

アツアツの硬化した樹脂をシリコン型から取り出し、バリと言われる必要のない部分をカットしクリームをはさんで完成です。

マカロンの場合は下地一色だけで仕上がりますが、ほとんどの料理食材はここから更にエアブラシで何色も着色を重ねて、仕上げは筆でしていきます。仕上げはマットか、ツヤ出しかで作業が異なります。又、質感を反映させる為、食材により様々な樹脂を使い分けていくのも熟練の職人の技が光る作業ともいえます。

Please reload